おまとめローンとは、複数社のローンをまとめることです

銀行・消費者金融などカードローンなどがいくつか増えてしまうと、支払う金額も多くなり、毎月の返済の管理も大変になってきます。こういった場合に、新たに借り入れをして、そこで毎月の返済をしていくというのが「おまとめローン」です。(おまとめローンとは)おまとめローンとは、金融機関による商品の一つで、複数社からの借入をまとめた金額を自社で借りてもらいたい、というものです。もともとは、2010年に施行された改正貸金業法によりできた新たな総量規制に対する救済措置としてできた商品です。総量規制とは、消費者金融より借入可能総額は年収の1/3まで、というもので、これにより複数社からの債務がある人は、新たな借入申込時の審査に通過できない、という人を増やしました。おまとめローンは、「顧客優遇措置となる借り換え」との認定がなされたため、総量規制の対象にはなっていません。おまとめローンのメリットの一つに、金利を安くする、というのがあります。

消費者金融などの貸金業者・銀行などすべての金融機関において、上限の金利が利息制限法により定められています。元金が10万円未満では金利は年20%が上限、元金10~100万円未満では金利は年18%まで、100万円以上では金利は年15%まで、というものです。これにより、バラバラに借入していて高い金利を支払っていたものが、おまとめローンにより元金が大きくなることによって、金利も下がることになるわけです。さまざまな金融機関が自社独自の「おまとめローン」商品を設定していますが、消費者金融のほうが審査に通りやすいケースが多いです。しかし銀行のほうが基本的には金利が安いため、消費者金融でのおまとめローンは「顧客優遇措置となる借り換え」に該当せず、結果的に不可能となる場合もあります。まとめることができる数は、おおよそ2~4社、多くても5社となっています。7社など多く借り入れしている場合は、年収もそれなりに多く、信用情報もかなり良い状態であるケース以外では審査通過は難しいです。このような場合には、無理な審査を通そうとするよりも、弁護士等に相談して債務整理を行うほうが借金返済が早く済むこともあります。