カードローンの借入残高とは何か

カードローンには利用使途が原則自由、担保や保証人を立てずに申し込みが出来る、利用限度額の範囲であれば繰り返しお金を借りる事が出来るなどの特徴があります。利用使途と言うのはお金の使い道の事を意味しているのですが、カードローンは事業性資金としてお金を借りる事は出来ないのですが、日常の買い物や高額商品の購入資金、アパートなどの賃貸の部屋を借りる時の資金、引越し費用など、色々な事にお金を使えると言う魅力があります。そのため、カードローンを利用しておけば、現金が足りないと言った時に、ATMから現金を引き出して利用出来ると言った利便性を持っています。尚、利用限度額の範囲内での利用になるので、借入残高がゼロになるとお金を借りる事は出来ません。住宅ローンなどの場合、マイホーム購入資金としてお金を使う事は出来ても、車の車検費用や旅行に出掛ける時の費用などで使う事は出来ません。

しかし、カードローンの場合は借入残高が残っている場合、残高分のお金を借りて、車の車検費用や旅費に充てる事が出来るのです。利用限度額と言うのは、申し込みをする時に提示した希望額通りになるケースと、金額が引き下げられて決まるケースがあります。利用限度額と言うのは、お金を借りる事が出来る上限になるのですが、利用限度額は返済をすれば元の金額に戻ると言った特徴があります。これはくり返しお金を借りる事が出来ると言う意味でもあり、借入残高がゼロになったとしても、返済を行えば利用限度額は返済した金額まで戻り、その金額の中でお金を使えるのです。例えば、利用限度額が20万円の場合、20万すべてを使うと借入残高はゼロ円になります。しかし、20万円の返済を行うと、利用限度額は再び20万円に戻り、ここからお金を使う事が出来るようになるわけです。一般的なキャッシングの場合は、利用限度額分のお金を使ってしまった場合は、借入残高もゼロになるのでお金を借りる事が出来ないのですが、カードローンの場合は返済を行えば繰り返しお金を借りる事が出来ると言った特徴があります。